これまでのセミナー 実施報告

 ダイバーシティセミナー・講座は、学生及び教職員を対象とした講演会です。学内外の有識者・経験者を講師として招き、多様な社会の理解を深めるために、意識啓発、情報発信等を行っています。

教育サミット2016

 「教育による女子・女性のエンパワーメント」を開催しました。

日 時:2016年5月17日(火)
場 所:2号館国際会議場

 「持続可能な開発目標」(SDGs)やインチョン国際宣言で表明されたグローバル教育アジェンダに関わる政策責任者・実務者らがG7伊勢志摩サミットに合わせて本学の国際会議場に会し、教育シンポジウムを開催しました。国際協力機構(JICA)、グローバル・パートナーシップ(GPE)との共催で、在学生のほか、一般の参加者を含め131人が参加しました。

 本シンポジウムは2部構成で行われ、第1部は小池百合子衆議院議員と、GPEのCEOを務めるアリス・オルブライト氏が基調講演を行いました。小池氏は現在、世界では7万5000人の子どもが戦争や災害で就学を得られない中で、女子は特に厳しい状況に置かれており、教育が失われた世代を生まないためにも、人道支援における教育支援強化の必要性を訴えました。

 オルブライト氏は、政府支援を通じ、教育改革に取り組むGPEの活動を紹介。途上国を中心に女性の教育機会やエンパワーメントが損なわれている状況を課題視し、持続可能な目標(SDGs) :「だれ一人残さない」(leave no one behind)達成には、教育こそ鍵であるとし、「女子が教育をうけることで、今までにないチャンスや世界への影響力が生まれる。女子が教育の恩恵を得るために、我々は戦う必要がある」と参加者に呼びかけました。

 第2部は国際基督教大学の西野幹子教授をモデレーターに迎え、パネルディスカッションを行いました。各実務者はそれぞれの専門分野に関するプレゼンテーションを行った後、教育がどのように変化すれば、女子・女性のエンパワーメントに繋がるのか、について意見交換を行いました。質疑応答では、会場からさまざまな意見や質問が寄せられ、最後まで活発な議論が交わされました。

  • ◆馬野 裕明氏(国際NGOプラン・ジャパン):「パキスタン:女子コーラン学校への公教育の導入を通した女の子のエンパワーメントの取り組み」
  • ◆金澤 大介氏(GPE):「教育による女子・女性のエンパワーメント-GPEの戦略」
  • ◆小塚 英治氏(JICA):「女子教育支援におけるJICAの取り組み-住民参加型のアプローチをどう生かすか」
  • ◆小松 太郎氏(上智大学):「なぜ学びたいか:東ティモール・セカンド・チャンス教育参加者の動機」

これまでのセミナー(2010年度~)

第14回 2015年12月1日(火) シンポジウム
「女性のリーダーシップで社会を変える」
野田 聖子氏(衆議院議員)
辻元 清美氏(衆議院議員)
蓮 舫氏(参議院議員)
三浦 まり教授(上智大学法学部地球環境法学科/男女共同参画推進室室長補佐)
戒能 民江名誉教授(お茶の水女子大学)
太田 啓子氏(弁護士)
浜田 敬子氏(AERA編集長)
第13回 2015年5月29日(金) 日仏討論会
「女性とリーダーシップ:全てを選びましょう!」
ナタリー・ロワゾ氏(フランス国立行政学院[ENA]校長)
松川 るい氏(外務省総合外交政策局女性参画推進室長)
三浦 まり(本学法学部教授)
田渕 六郎(本学総合人間学部教授)
司会:田口 栄一氏(読売新聞メディア局編集部次長)
第12回 2015年1月13日(火) 特別講演会「魂のことばを伝えたい ママアナウン サー奮闘記」
武内 陶子氏(NHKアナウンサー)
第11回 2014年9月14日(日) 外務省主催「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウムWorld Assembly for Women in Tokyo:WAW!Tokyo2014」関連企画
「What Should Young Women Think and Do?」後援
Shirin Sharmin Chaudhury氏(バングラディッシュ史上初の女性国会議長)
第10回 2014年11月8日(土) 上智学院男女共同参画推進室&千代田区男女共同参画センターMIW共催事業「自分の心とからだを守る講座」
中島 幸子氏(NPO法人レジリエンス代表)
徳永 瑞子教授(上智大学総合人間科学部看護学科)
第9回 2013年12月11日(水)
実施報告
デートDVって何?~被害者・加害者にならないために~
中島 幸子氏(NPO法人レジリエンス代表)
第8回 2012年11月7日(水) ウーマノミクス「働く女性が増え、成長する社会」
キャシー松井氏(ゴールドマン・サックス証券株式会 社)
第7回 2012年7月2日(月) 男女共同参画推進共同参画は日本の希望
山田 昌弘氏(中央大学文学部教授)
第6回 2011年10月6日(木) 「上智大学長が語る 私の女性研究者支援とワーク・ライフ・バランス」
滝澤 正(上智大学長)
第5回 2011年4月19日(火) 「緊急!私たちの身体と食品と放射線」
阿部 道子氏(独立行政法人放射線医学総合研究所 名誉研究員)
第4回 2011年2月16日(水) 「理想と現実 ワークライフバランス」
福島 みずほ氏(参議院議員)
第3回 2010年7月30日(金) 「日本中世、女性の社会参画」
田端 泰子氏(京都橘大学 前学長・特任教授)